ニオイコラム

ニオイがわかるのは、なぜ? 今さら聞けない『嗅覚』の秘密にせまります。

秋の香りと言えば、「キンモクセイ」ですね。

2019年9月25日

金木犀

三大香木とも呼ばれる、春のジンチョウゲ、夏のクチナシに続く秋のキンモクセイ。秋に香りのする草花といえば、まずキンモクセイがあげられます。秋が近づくにつれ、香りを楽しみにしていた方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

キンモクセイは学名でOsmanthus(モクセイ属) fragrans(香りのある) var. aurantiacus(橙色の)と書きます。

キンモクセイは甘い良い香りですが、トイレの芳香剤として使用されていたり、さらに昔には、ニオイ消しとしてトイレの横に植えられていたこともあったようで、年配の方を中心にあまり好きではないという方もいらっしゃいます。

ニオイの好き嫌いは人それぞれ。キンモクセイの香りは私達に、「感じ方はみんな違ってていいんだよ」と言ってくれているような気がします。

キンモクセイの花期は短く1週間ほど。散り終えた後、2度咲きする場合もありますが、香りは弱い印象です。

初めの時期を逃さぬよう、周囲に鼻を利かせてみてください。

コメントを投稿する