ニオイコラム

ニオイがわかるのは、なぜ? 今さら聞けない『嗅覚』の秘密にせまります。

日本人が発見!松茸のニオイ成分

2019年11月14日

松茸

味覚の秋。秋にはたくさんの美味しい食材があります。そして美味しい食材には美味しい香りが欠かせません。今回は秋の味覚の代表格であるキノコ、その中でも松茸のニオイについてお話ししたいと思います。

松茸のニオイ成分は「マツタケオール」と呼ばれ、日本人の研究者によって発見されたことをご存知でしたでしょうか。このニオイ成分を見つけるために使用された松茸はなんと500㎏とも言われております。なんとももったいないと思われるかもしれませんが、私たちが「松茸ご飯のもと」やお吸い物などで手軽に松茸の香りが楽しめるようになったのも、この研究のおかげなんです。

ちなみにこの松茸のニオイは海外の方には、革靴のニオイ等に感じられるようで不評のようですので、海外の方のおもてなしではご注意ください。

日本人による努力の結晶である松茸のニオイは海外との文化の違いも教えてくれる、まさに貴重な食材です。一年に一度は本物の松茸、とまではいかないまでも、「松茸の元」で香りをお楽しみください。

 

コメントを投稿する