ニオイコラム

ニオイがわかるのは、なぜ? 今さら聞けない『嗅覚』の秘密にせまります。

コーヒーの香りと焙煎

2019年10月23日

aromatic-1868978_1280 (1)

コーヒーのニオイを決める要因は豆の種類と焙煎です。焙煎はその度合いによりニオイが大きく異なり、焙煎時間の短い方から、浅焙煎・中焙煎・深焙煎の3段階に分けられます。ニオイの特徴はそれぞれ以下の通りです。

・浅焙煎はやや酸っぱく、グリーン感が強い

・中焙煎になるとカラメルのような甘いニオイが現れる

・深焙煎は香ばしさや苦みを伴ったロースト感が強い

いずれにしても、私たちがコーヒーのニオイとして感じているのは、コーヒーの生豆そのもののニオイではなく、焙煎した後のニオイなのですね。

味に関しても一般的に浅焙煎では酸味が強く、深焙煎になるにつれて苦みが強くなります。

コーヒー選びの際ご参考にして頂ければ幸いです。

コメントを投稿する