ニオイコラム

ニオイがわかるのは、なぜ? 今さら聞けない『嗅覚』の秘密にせまります。

秋から冬までニオイのバトンリレー

2019年11月20日

dav

秋の代表的な香りであるキンモクセイから、冬のクリスマスの飾りつけなどに使われるヒイラギまで、ニオイのバトンリレーが行われているのをご存知ですか。

 

秋から冬にかけて、

キンモクセイ(金木犀)→ギンモクセイ(銀木犀)→ヒイラギモクセイ(柊木犀)→ヒイラギ(柊)

と花が移り変わり、いずれも強い甘い香りが特徴です。キンモクセイは黄色いお花ですが、その他は白いお花です。

 

また、この移り変わりにはもう一つ特長がございます。それは葉っぱの形です。キンモクセイの葉はギザギザのないツルツルの葉ですが、柊は大きなギザギザの葉ですね。キンモクセイからギンモクセイ、ヒイラギモクセイに移り変わるにつれて、ギザギザが深く大きくなっていくのです。

徐々に深まっていく秋と冬支度。木々の移ろいと香りを楽しまれてみてはいかがでしょう。

(トップの画像はヒイラギモクセイのお写真です。)

コメントを投稿する