嗅覚研究室

嗅覚のなぜ?を徹底研究!カグー博士の日々の研究をこちらで報告します。

嗅覚障害は自分では気付きにくいから・・・

2021年4月12日

edf

順天堂大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科学講座の池田勝久主任教授の研究グループとカグー博士が共同開発した【簡易嗅覚確認キット】が本日より正式販売開始となりました。

カグー博士は日頃より「もっと簡単に自身の嗅覚を確認できる方法はないものか?」と自問自答をしておりました。というのも、嗅覚は他の感覚器に比べて、障害に気が付きにくいという特徴があります。

例えば視覚が低下すると最近ものが見えづらくなってきた」と自覚症状として感じることができます。しかし嗅覚障害は自分では気が付けないのです。私たちは日頃たくさんのニオイの中で生活しているはずなのに。

カグー博士はそこに着目し、私たちが体温計で体温を測るように、簡単に嗅覚が確認できる方法はないか?そこから【簡易嗅覚確認キット】が生まれました。

最近では、新型コロナウィルス感染による嗅覚障害について言われております。順天堂大学とのプレスリリースでは日常的に嗅覚を確認することで、新型コロナ感染症の早期診断に役に立ち、無症状感染者発見の一助になるのではないか?と示唆されています。

順天堂大学プレスリリース
https://www.juntendo.ac.jp/news/20210319-01.html

自分では気が付きにくい嗅覚障害。ぜひ本キットを用いて自身の嗅覚をセルフチェックしてみてください。

◆【簡易嗅覚確認キット】の詳細については下記サイトをご確認ください
>第一薬品産業株式会社のサイトへ

◆【簡易嗅覚確認キット】は下記サイトよりご注文をお受けしております。
>販売サイトへ

コメントを投稿する